BOOK REVIEW~一流の人はなぜそこまで,コンディションにこだわるのか?

ダイエットと「一流の人」…
できる人は,体調管理,そして体型も,整えているはず…
ダイエットで「一流の人」が実践しているのは?

週2で果物デトックス・デー?

ビジネス書として紹介されていたのですが,ダイエット方法の一つでもあり,面白かったのでご紹介します。

ダイエット方法の部分にフォーカスすると,からだのデトックス方法,すなわち腸をキレイにする(便通!)方法として,フルーツを食べ,酵素を補充することを提案しています。
具体的には,1日フルーツのみ食べる日,「フルーツデー」を,1週間に2日か3日作るとのこと。
その際の注意点としては以下の二つ。
・フルーツは冷たいと体が暖めるためにエネルギーを使ってしまうため,常温にすること。
・他の種類の食べ物(野菜,ヨーグルト,ドライフルーツも△)と混ざると胃の中で酸化してしまうので,胃が空になっている朝から開始し,果物のみを食べること。
1回の量で大皿2皿分が推奨とのことです。
スケジュールの提案もあり,1か月目は週3日(他の日も朝はフルーツ,昼と夜はサラダを食べてから通常の食事),2か月目は週1日,3か月目で卒業(週1回継続するのが望ましい)。
飲み会がある日は,当日は朝,昼をフルーツのみ,翌日をフルーツデー(朝まだ胃に食べ物が残っているときは水のみ)できれば前日もフルーツデーにすること。

午後の眠気にも果物が有効?

そして,果物は消化にエネルギーを使わないため,集中力を落とさないという効果もあるようです(この辺りがビジネス書的な示唆)。
炭水化物などは,どうしても眠気を誘うようです…

午後に大事な会議がある,得意先回りがある,などの,ここぞというときには,昼を果物のみにすることも有用とか。

フルーツデトックス,向き不向きがあるかも…

私自身も,しばらくフルーツデーを試してみたのですが,自己流になっていたのか,あまり体重減や体脂肪減には結びつけられませんでした。
お昼の果物は,確かに眠くなりにくくはありましたが…

きちんと本の内容を守るか,指導を受けてやるのが良さそうです。

→ 一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~

関連記事

ピックアップ記事

2015.7.7

究極の運動!「歩く」を習慣化するガジェット

きちんと歩くことは,実は全身運動になると言われてまして,日常生活で最も取り入れやすい運動習慣ではないでしょうか。 一駅前から歩くなど,…

アーカイブ

ページ上部へ戻る