14時間ダイエット

時計

ダイエットするなら経済的にも助かる断食系が好きなんですが、断食は最初の1~2日目がかなりつらいのでなかなかやりきることができないでいます。
断食は、減量以外にもデトックス効果や、内蔵を休ませてあげる効果がありますので、食べないのはつらいですが身体的にはとても良い影響があります。

本格的な断食をしてみたいけど、ちょっと出来る気がしないという方や、私のようになかなかやりきれない人は「14時間ダイエット」が良さそうです。

14時間ダイエットというのは、1日の食事を10時間以内におさめて、残りの14時間は一切食事をとらないというシンプルなプチ断食法です。

14時間ダイエットは、8:00~18:00(10時間)がベストのようですが、夕食が18時までには間に合わないという方は、遅くとも20時までに1日の食事を済ませます。
夜、20時以降は食べないようにするのがポイントです。

ダラダラ食いはダメ

ダラダラと食べたいものを食べたい時間に食べていると、一日に食べたものの消化が追いつかないので、どんどん脂肪として蓄えられてしまい、太ってしまいます。

14時間ダイエットのコンセプトは、<その日食べたものはその日中に消費しましょう。>というものです。
納得いきますよねw

さらに、食事の時間を夜型から朝方に変えることで、代謝もアップし、脂肪燃焼率も高くなります。

食事して良い10時間は、基本、何を食べてもかまわないのですが、ダイエットを意識している方は、高カロリーやジャンクフードは食べないようにして、なるべく品数豊富なメニューを心がけると良いそうです。

サラダ

それから、14時間後の空腹時に一気に食事をとるのも控えた方が良いそうです。
空腹時にいきなり食事すると血糖値が上昇し、インスリンの過剰分泌が起こって脂肪をためやすい体質になってしまうからです。
朝の空腹時には食事前に野菜ジュースや豆乳を飲むようにすると、血糖値の上昇がゆるやかになるそうです。

それから、やはり<運動>もした方が良いそうです。
10時間以内とはいえ、食事はきちんと摂るわけですから、その日食べた分をきちんと消費するために軽い運動をして脂肪燃焼させてあげるのが大事です。
過酷な運動を、というわけではなく、ウォーキングやストレッチ、ラジオ体操などでも、なにもしないよりずっと効果が上がります。

さらに、お風呂に入るのも良いそうです。
入浴することで体温が上がり、体表面に血液を循環させることで食欲をおさえる効果があるそうです。

プチ断食をやってみたいという方や食べて痩せたい方、夜に重い食事を摂りがちな方にとくにおすすめのダイエット方法です。

関連記事

ピックアップ記事

ナチュラルとうふ

2015.8.18

マスカルポーネの味?!ナチュラルとうふ

最近、友人に教えてもらって「これは美味しい!」と思ったお豆腐と、レシピを紹介します。 相模屋の「ナチュラルとうふ」というお豆腐が美味し…

アーカイブ

ページ上部へ戻る